ホーム>一般事業主>ごあいさつ

ごあいさつ

東京SR経営労務センターは、厚生労働大臣の認可を受けた中小企業の労働保険に関する事務処理を代行する労働保険事務組合です。
事業主の皆さんは、当センターに事務委託することにより、各種労働福祉制度の円滑な適用が可能となるとともに、適切なアドバイスが受けられ、関連する事務処理の合理化を進めることができます。
当センターの特徴として、多くの社会保険労務士が参画しており、専門家による適格かつ迅速な事務処理が行われることに加え、原則として労災保険に加入することができない経営者やその家族も特別に加入できる制度が利用できることや労働保険料の金額にかかわらず年3回に分けて納付できるような制度も利用することができます。
当センターは、昭和63年に開設されて以来、すでに30年以上の歴史があり、現在、社会保険労務士会員約1,000名、事業主会員約5,000名、委託を受けている事業場約8,000事業場となっております。また、年間の労働保険料は約37億円を取扱う全国的でも有数の労働保険事務組合に発展いたしました。
これからの取組みといたしましては、関係法令に関わる改正などの情報を的確に収集し、会員の皆さまに迅速に提供すること。IT機能を活用した事務処理の効率化をさらに進めること。福祉関連事業をはじめとする会員支援事業を積極的に展開すること。等々、会員の皆さまのメリットを拡大するためのサービスを推進し、より一層利用し易い団体としてまいります。
事業主の皆さまのご利用を心よりお待ち申し上げております。

東京SR経営労務センター  会 長  亀 谷 康 弘

※会員数等の数値は、令和3年4月1日現在の数値です。

 


▲ページトップに戻る